どうしてもお金が必要な時

どんなに自分の貯金をかき集めても足りない…そんな時ってあると思います。
いや、そんなことはない!と思っていてもそういう時が来てしまうことは誰にだって有り得ることなのです。

デートだったりとか、飲み会とか欲しいものがある、なんてものはまだなんとか自分の都合なのでなんとかなるかもしれません。
だけどそれが結婚式だったり、デートはデートでも恋人の誕生日だったりという大事な日だったらどうですか?
そういうお金をどうしても使わなければならない時ってあると思うのです。

そういう時に前述したようなお金がない状態になると頭を抱えてしまいますよね。
「どうしてもっと貯金をしておかなかったんだ」とかマイナスな方ばかりに考えがいってしまい自己嫌悪に陥ってしまう方も多いと思います。

ですがそこで諦めてはいけません。お金がないならいっそのことキャッシングをしてしまうのもアリです!
キャッシングなら最短で申し込んだその日に融資をしてもらうこともできますし、その後はいつでもどこでも借りられますし、お金がある時に返済をすればいいからです。

親や友人に借りて溝が深まったり、変な噂が流れるくらいならそっちの方が圧倒的にいいですよ!
金利がものすごく高いんじゃ…って思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

プロミスは在籍確認で勤務先・会社への電話連絡なし
試しにこちらのサイトをご覧になってみてください。ここには多くのキャッシングが紹介されていますが、金利やサービスについて確認してもらいたいのです。
法外な金利の所なんてひとつもありません。安心してキャッシングを利用してみてくださいね!

自己破産して時間がたちました。

自己破産を経験した身でこんなことを言うのも恥ずかしいんですが、やっと平穏な日々を取り戻してきた感じがします。
自己破産の決断を迫られた時は、さすがに私も落ち込みました、というよりも正常さを失っていました。
これからどうなるのか、自己破産なんてしたくない、どうして私がこんなことになったのか、そんなことを自問自答する毎日でした。
終いには自分が何を考えているのかわからず、考えることに疲れ、自分の命を絶った方が楽なんじゃないかなんて思ったりもしました。

しかしですね、今考えてみれば、あのとき意味もなく混乱する必要は全くなかったわけです。
あのとき私の頭で混じりあっていた考えは、今にして思えばどれもこれも考えても仕方のないことでした。

自己破産自体はほとんど専門家に任せていたので、私自身がやっていたのは専門家の指示にしたがって色々と書類を書いたくらいです。
あとは家族に自分自身の状況を報告した、今にして思えばそれが一番苦労したことかもしれません。
幸いなことに、家族は私に対して一定の理解を示してくれましたが、やはり一部では…という感じでした。

結局、自分も家族も自己破産という言葉に踊らされていたんだななんて思います。
もちろん、自己破産してしまうような状況まで行き着いてしまったことに対しては反省をしています。
しかし、全てが私の過失というわけではないので、必要以上に反省することは全く無駄なこと、1円にもならない無駄な行為です。

私ももう少し落ち着いたら、なんらかの形で迷惑をかけた人々にお詫びをしたいと思ってきました。
考えてみれば、あの時点で自殺なんてしても全く無駄だったんです。
いま、こうして立ち直った私としては、自己破産という制度に感謝しつつお詫びをしたいという気持ちばかりです。

任意整理費用の相場【安い司法書士や比較サイトなどをご紹介】

スピード性と低金利性の両立

キャッシングを急いでるといっても、ただ早ければいいというわけではありません。
もちろん、速さも重要なのですが、金利が高かったりサービスが悪かったりすれば残念です。
キャッシングはタイミングが重要であり、スピード面も重要なのですが、焦りは禁物です。
なにしろ、「スピード性」「金利の低さ」この二つの面を同時に併せ持つキャッシング会社もあるのです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら、金利が低いうえに、スピード性にも優れたキャッシング会社です。
三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の金利は年4.6%〜14.6%となっており、消費者金融に比べますと金利はかなり低くなっています。
それだけでなく、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は最短で即日キャッシングをすることが可能なのです。
しかも、土日でもテレビ窓口を利用することで即日キャッシングをすることも可能となっています。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はATMの手数料が無料という点も注目すべきメリットといえるでしょう。
以上のように、バンクイックは便利でいて、金利も低く、スピード性も早い、そんなメリットでいっぱいの銀行です。

銀行カードローンは通常、金利が低い分スピード性には劣りがちという印象を持たれがちでした。
そんな銀行カードローンですが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたらスピード性と金利の低さを両立していますので、ぜひご利用ください!

モビットのWeb完結申込みを利用しよう!

お金がどうしても必要になった時、キャッシングを選択肢の一つとして考える方も多いかと思います。
しかしながらキャッシングを利用しようと思いちょっと調べた方ならご存知かと思いますが、キャッシングには審査の過程で「在籍確認」というものがあるのです。
これは申込みの際に提示した職場に実際に申込者が勤務しているのを金融機関が会社に電話をして確認するという作業です。
金融機関側は会社名を名乗ることは絶対になく、周囲にバレないように電話をかけるので気にしない方にはあまり重要なことではないかもしれませんが、やはり職場に電話がかかってくるのは抵抗がある…という方もいるのではないでしょうか?

そんな方にはモビットのWeb完結申込みをオススメしたいです!
このWeb完結申込みは指定された必要書類と特定の銀行口座さえ持ってさえいれば最初から最後までインターネット上で契約できてしまい、なにより職場や自宅に電話連絡や書類の郵送などもないのです。
なので家族や同僚にキャッシングを利用していることがバレてしまうというリスクは最小限に抑えられます。

しかしWeb完結申込みの場合必要条件が通常のキャッシングより多くなっています。
これは全てネット上で行うので仕方ないことではありますね。

詳しいことはこちらのサイトに載っています。モビットの他にも多くの消費者金融のスペックが載っているので迷っている方は是非参考にしてみて下さいね!
とても分かりやすくまとめられているので初心者の方にもとてもオススメですよ!

ブラックでもお金を借りることは出来るのか?

ブラックでお金を借りたいという方はいませんか?
実はブラックでもお金を借りる方法があったんです!

その方法は…ここではちょっとお話出来ませんので、
以下のサイトにアクセスして確認してみて下さい!

ブラックでも借りれる?【今すぐ銀行カードローンと消費者金融キャッシングを即日融資で利用する黒ちゃんの野望】(http://www.growwisconsindairy.org/)

ブラックでお金を借りたいと思っている方にとっては非常に有益な情報だと思います。

ただ、もしかして闇金?とか思っている人もいるかもしれませんので予めお伝えしておきますが闇金の情報ではありません!

列記としたキャッシング情報サイトになっています!

…ですが、ぶっちゃけあまりにもブラックな場合はキャッシングの審査に通ることは難しいかもしれませんね。

だからといって闇金は絶対に利用しないで下さいね!
闇金を利用すると後からとんでもないことになってしまうので本当に注意が必要です。

という訳で、今日はブラックでも借りることの出来るお得なキャッシング情報サイトをご紹介させて頂きました!

たまたま見つけたサイトなのであくまで参考程度にしてほしいです!
また、こんなお得な情報サイトを見付けたらアップしたいと思います!

ちなみに、さっき私もその情報サイトを見てみたのですが、結構参考になる情報が多いと思いました!ブラックの方でなくとも単純にキャッシング情報サイトとしても使えるので一度見てみることをお勧めします!

それではまた次回!

派遣社員や無職、自営業でもキャッシングは利用出来るのか?

消費者金融でのキャッシングを考えている方はまずこちらをご覧下さい。

今すぐお金が必要な時※どうしてもお金が欲しい方へ

このサイトを見ても分かる通り、消費者金融でキャッシングを利用しようとする場合は20歳以上であることと安定した継続収入が必要となります。

では、今回のタイトルになっている派遣社員や無職、自営業の方は問題なくキャッシングが利用出来るのでしょうか?

まず、今挙げた中で最も安定しているのが派遣社員ですよね。
雇用は派遣でも会社に出社している方であれば安定した収入を得られていると思うのでキャッシングの利用は問題ないと思います。

次に、自営業の方ですが、こちらも収入に変動はあるかもしれませんし収入にもよると思うのですが、基本的にはキャッシングの利用は出来ると考えて良いと思います。但し、借入限度額に制限がかけられてしまう可能性は高いとお考え下さい。具体例としては、10万円借りられるところを5万円や3万円にされてしまう場合などです。

最後に、無職の方になりますがこちらは全くの無収入になりますので、そのままの状態ではキャッシングの契約は難しいと言えるでしょう。

無職の方がキャッシングを利用する場合は最低でもアルバイトの契約が必要となります。
逆に言えば、アルバイトの契約さえ済ませておけばキャッシングの契約が出来る可能性がありますので、まずはアルバイトの契約をされてみてはと思います。

誰だって見栄を張りたいときはある!

聞いてください。つい先日の話なんですが、たまたま仕事終わりにふらっと寄った飲み屋で知り合った女性とすごく仲良くなったんですよ!
仕事の話もプライベートの話もすごく気が合ってしまって。

彼女映画を観るのが好きだそうです。実は僕も映画は大好きでして、話すと長くなっちゃうので割愛しますけどSF映画にはもう目がないんですよ。
そして実はその後二人で二軒目に行ったんです。せっかくだからちょっといいお店入っちゃって。さらには奢っちゃったりなんかして…。
その日はそれで別れたんですが、連絡先を聞いてまた数日後に会うことにしたんです。「いいお店知ってるんだ、そこでまた食事しようよ!」なんて言っちゃったんです。
いやぁ…楽しかったなぁ…ってすいません、こんなこと話しといてなんですが、これは自慢話じゃないんですよ。

僕の給料日はその子と会う予定の数日後なんです。しかも僕は引っ越したばかり。貯金なんて当然ありません。
さらにその子と会う予定の日の次の日には親友の結婚式ですよ!?絶対に欠席なんてできません!
なんでこうお金を使うタイミングって重なってしまうんでしょうね。
その子に会うのを諦めろって?いや、僕はこのチャンス、絶対に逃したくないんです!
普段行かないようなお店に行ってあの子を少しでも喜ばせてあげたい、笑顔が見たいんです!最初くらいそういう見栄を張りたいんです!この気持ち、分かってくれますよね?

そこで色々考えました。親や友人に借りる。持っている特撮映画のフィギュアを売る…等です。
しかし人間関係は壊したくないし、フィギュアは宝物です。
何より親や友人にお金がないって思われたくないんですよね。はい、これも見栄です。でも誰だってこういうことあると思うんです。

そして僕がたどり着いたのがキャッシングでした。
最初は正直不安でした。ものすごく金利が高いんじゃないだろうかとかマイナスなイメージが多くて。
でもたまたまテレビCMで目にしたプロミスに思い切って申し込んでみたんです。

そしたら今までの不安はなんだったんだってくらい楽になりました。とても簡単に申し込めるし、金利だって思っているより全然高くない。
最大でも17.8%ですよ!?これって10万円を借りたとしても利息は1463円程度で済むってことです。え?そんなに安いの?って思った方。僕も一緒です(笑)
そもそも初回は30日間無利息サービスというものがあるので非常に安心でした!

誰だって見栄を張りたいときはある。そんな時、一歩踏み出してキャッシングを利用してみてはいかがですか?

カードローンの審査に影響する個人信用情報機関とは

カードローンの申し込みを行いお金借りる即日を希望すると、必ず個人信用情報機関へ登録されることになります。
個人信用情報機関は審査の際に重要となるものですが、登録された個人情報がどのように利用されるのかはあまり知られていません。
登録される個人情報は氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの基本情報と、クレジットカードやカードローンの利用状況に関する個人信用情報になります。
個人信用情報には、カードの利用残高、未払いの有無、遅延回数などが含まれるのが普通です。
これらの情報はその個人信用情報機関の会員となっている金融機関が共通に利用できるようになっています。
ですから、申し込みの段階でわざわざ報告しなくても、利用履歴は既に知られていることになります。
ゆえに、嘘の情報を報告しないかどうかが見られているので、審査で不利にならないためにも利用履歴は伝えなければなりません。
個人信用情報機関のデータは基本的にオンラインで管理されているので、ほぼリアルタイムで情報が反映されます。
つまり、申し込み情報や遅延情報は、他社にも瞬時に伝わるのです。
よって、カードローンの申し込みを一度に沢山すれば申し込みブラックになりますし、他社での利用履歴を偽ればすぐに見つかってしまうというわけです。
個人信用情報機関のデータが審査に大きく影響するのはこのためです。
また、個人信用情報機関の会員になっていない金融機関でも、1ヶ月以内にはデータが反映するといことも知っておきましょう。

消費者金融は一般消費向けの金融機関

消費者金融は一般消費者を対象とした金融機関で、安定収入があれば借りることができます。
安定収入とは給料のことを指し、株、FX、賃貸収入などは含めません。
年金に関しては安定収入とみなす会社と、そうでない会社があります。
仕事をお持ちの方であれば、職業には関係なく利用できます。
元々は会社員のための金融機関として誕生したため、サラ金と呼ばれていた時代もありました。
サラ金とはサラリーマン、つまり会社員のことを指します。
利用者の大半は会社員ですが、公務員、非正規雇用、自営業、会社経営者といった方でも利用できます。
年収の額に関してはそれほど重視されませんが、借入額は必ず年収の3分の1以内となります。
総量規制という法律により、他社の借入総額も含めて年収の3分の1までとなります。
総量規制が制定される前は、貸付制限は業者の判断で決められていました。
そのため、年収200万円の方が5社から総額300万円を借りることも可能だったのです。
消費者金融の金利は、昔よりもかなり低くなっており、借りやすくなっています。
実質年率で18.0%以内の金利がほとんどであり、5%~10%以上は低金利になっています。
銀行のカードローンと比較しても、大差のない金利になっているのです。
金利が低くなると利息も減るので、月々の返済額にも影響してくるのです。
昔の消費者金融を利用していた方だと、今のローンの低利息にはおどろかれるでしょう。
月の返済額、総支払額が少なくなり、短期完済も可能となります。

なお消費者金融でお金を借りると自己破産するわけではないですがしっかりとした業者から借り入れすることが大切です。

お金持ちの時間の進み方

前回、お金は無くしてもまた稼げばいいというお話をしましたが、今回は時間の話をしようと思います。お金と時間の大きな違いは、時間はもう二度と戻らないということです。

1日は24時間しかありません。
この24時間をいかに有効活用するかがその後の人生に非常に大きく関わってきます。
そして、時間のもう一つの性質はお金と違って誰にも平等に与えられているという点です。
ですが、厳密に言えば平等に与えられているようである時間も、実は平等ではないんです。
お金を持っている人の時間とお金が無い人との時間では進み方が全然違います。

例えば、東京から北海道に移動するとしましょう。
自動車で行くか、電車で行くか、飛行機で行くか、船で行くか、そして…歩いて行くか。
交通手段は色々とありますが、最も早い交通手段が飛行機で行くことです。
しかし、飛行機で移動するというのは一番お金がかかります。

お金があれば時間を短縮することが可能ということです。
この時間の進み方、使い方がお金がある人と無い人とでは全然違ってくるということをよく覚えておいて下さい。

また、同じ飛行機にしても大手航空会社の飛行機か、LCCと呼ばれる安い飛行機があります。
LCCは安い代わりに狭く、そして安全面においても多少の不安はあります。
そういう点もお金を出せばより安全に、より快適に移動することが出来るのです。

お金がある人と無い人とでは時間の進み方が全然違うということなんです。

平等に与えられている時間をより有効に利用するには、やはりお金が必要ということなんです。